禁酒でダイエット

禁酒でダイエット

アルコールを抑えてやせる

ビールや日本酒は糖質が含まれているから、ダイエット中はダメ。
でも、糖質の含まれていないウイスキーや焼酎なら大丈夫。
そんな言い訳のようなことは言っていませんか?

残念ながら、この話はまったくのでたらめです。
お酒に含まれている糖質の量にはもちろん違いがありますが、
エネルギーで見るとそう大差はありません。
つまり、問題はお酒の種類ではなく、アルコールそのものにあるのです。

適量の飲酒であれば、血液の流れをよくしたり、ストレスの発散にも
なるので、必ずしも飲むなというわけではないのですが、
やはり飲みすぎればダイエット中にはよくありません。
その理由は次のようになります。

まず、飲みすぎは血液中の中性脂肪をふやし、結果的に体脂肪を
多くします。
また、お酒を飲むと食欲が増進され、消化能力が高まるうえ、
つまみには唐揚げなど高カロリーのメニューが多数あります。
どうしてもエネルギーの摂りすぎになります。
さらにお酒の勢いでダイエットの決心がゆるんでしまうと、飲みすぎ、
食べすぎを招くことになり、長時間にわたり飲み食いした挙げ句、
最後はラーメンやお茶漬けでシメを、なんてことも。
これではダイエットどころか、1日に必要なカロリーを大幅に
オーバーしてしまいますね。

ダイエット中は心を鬼にし、アルコールは口にしない。
これが基本ですが、つきあいで飲むようなときは、日本酒なら約1合、
ビールは中びん1本、ウイスキーならダブルで1杯を限度にしましょう。
その後はウーロン茶など糖質のない飲み物にかえましょう。
おつまみは塩けの強いものを避け、野菜サラダや煮物、冷や奴に
酢の物など、高タンパクでビタミンやミネラルが豊富なメニューを
選ぶようにしたいものです。

食事の十分気を使いダイエットを成功させましょう。
痩せる要素その2は運動です。
次は「やせる要素は運動」を見てください。


ダイエット方を探している。
どうしたら痩せられる?
本気でダイエットを考えている人は
Beauty×Beautyで頑張りましょう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。